■パフォーマンス
年初来+25.9%(参考TOPIX-0.4%)3月+8.4%

20172パフォーマンス

■ポートフォリオ概況
年初来のパフォーマンスは+25.9%となり、今年に入り3ヶ月連続の前月比プラスとなりました。TOPIXや好調なマザーズ指数などと比較しても3月末現在大きくアウトパフォームする数字となっています。

好調なポートフォリオを牽引した主な銘柄が、3784 ヴィンクス、3677 システム情報、7548 G-7ホールディングス、3180 ビューティガレージといった銘柄です。というよりここに挙げた以外にも、ポートフォリオの組入銘柄が、ほぼ当たっている感じがして自分でも怖くなっています。

ただ、信用を使わず、現金もある程度残している、また、10銘柄程度に分散しているため、ポートフォリオに与えるインパクトが1銘柄あたりそう大きくない等の為、+25%程度に収まっている感じなのでしょうか。(十分だと思いますが。。)

■個別銘柄コメント
・ヴィンクス
バリュエーションを計算したら相当安かった上に人手不足関連として期待し購入していました。都心の飲食、小売店などを利用してると人集めにはある程度限界点に来ている感があります。(飲食チェーン店はガイジンだらけが顕著)。
今後は各企業は、業務そのものに人手がかからないように業務効率化への設備投資がさらに進むと考えています。(セルフレジなど)そういう意味でもヴィンクスは人手不足の本命銘柄であり、バリュエーション的にも安いです。また、最近、一部鞍替えの思惑でも資金流入があるようです。
ヴィンクス


・G-7ホールディングス
ここのフェアバリューは3000円以上(具体的な数字は控えます)と見積もっています。
昨年9月頃からあまりにも安かったため保有しておりましたが、どうやら昨年末頃から著名個人投資家?の方の購入、またそれに伴ってのイナゴ投資家の方の購入も少なからずあるようです。
これに関しては、著名投資家の発言により乱高下する、イナゴの方々が相場変動次第で一気に降り株価に影響を与えるなど短期的にリスクと思っており、出口戦略も探っています。(G-7を長期で持つなら関係ないと思いますが、理由は述べませんが長期的にここの株を持つつもりはないので)
g7



他にも書こうと思っていたのですが、疲れたので終わりにします。。w
最近は、誰も興味の沸かないであろう地味株、三栄コーポレーションとかを買っています。