るめーるのバリュー株投資

割安、バリュー株を中心とした投資で資産を築くことを目指します。

■18年1月末時点パフォーマンス 
税引き前 年初来+8.8%(速報値) 
TOPIX +1.1%

1801


■コメント
両毛システムズがストップ高をするなどポートフォリオを牽引し、TOPIXを上回りました。その他では、割安&半導体マスク関連として微量ながら購入していた竹田印刷が2日連続ストップ高、分割を発表したヴィンクスがPTSでストップ高を付けるなどパフォーマンスに貢献してくれました。

両毛システムズは、市場に好決算と評価され大きく値を上げています。しかし、同社は4Q偏重決算のため、3Qの数字が良く出たことをそのまま受け取るには安易であり、3Q時点の断面の数字にすぎないので、楽観はできません。

しかし、セグメント利益の記述に目を移してみると、公共事業セグメントにおいては、前期比反動減があり売上は△11.5%にも関わらず、ソフトウェア開発などの堅調推移により利益は+22.5%となっています。
前期の売上反動を覆すほどに利益が出ており、ソフトウェア開発、システム販売がかなり好調である可能性をうかがえます。

180131

また、先の国会での施政方針演説では、「行政の生産性向上」について1セグメント割かれており、いわゆる、お上の御達し(国策)による行政のシステム化が進められていることが期待されます。

1801313
第百九十六回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説


さらに、目下の市場関係者の注目テーマであるIoTや、自動運転をはじめとする自動車のスマート化などについては、両毛システムズのまさにメイン事業ともいえ、定性情報には、同事業についての堅調推移の記述があります。社会・産業事業セグメントのセグメント利益も大幅増収増益となっています。

1801314


もっとも私が両毛システムズの株を保有していることは割安であることです。3Q決算後、株価を上げていますが、まだまだ割安な水準であることに変わりなく、フェアバリューに戻るだけでも相当な上昇余地を残しています。

3Q決算後、2日で一時50%ほど株価が上がりましたが、元々出来高の少ない、変わり者しか持っていないような株のため、普段見向きもしなかった人たちが一気に買うとこうなるのでしょう。

しかし、まだ半信半疑であることや、バリュエーションが理解されていない?、また株主還元が低めで、出来高、時価総額も小さいため、機関投資家が入ってくるには至っていない、などの理由により短中期的には乱高下を繰り返すと思われます。

ただし、割安感に気づく冷静で賢明な投資家が徐々にでも増えるか、種を撒いている事業について本格的に利益が出始めるなどすれば、中長期的に株価はかなりの上振れ余地を残しているものと思います。時価総額次第で機関投資家も投資対象に入れてくるものと思います。

1801315



長期投資ランキング

■2017年 年間パフォーマンス 
税引き前 年初来+66.2% 
(グラフは入金分差し引き かつ税引き後ベースの簡便法 年初来+58.7%)  

201712

今年は、ジャスダック全体でも年間+44.2%でした。さらに小型かつ割安な銘柄はそれを上振れると考えると+66%も普通というか。。自分の力で出せたパフォーマンスと勘違いしないように地道に気長に歩を進めたいと思います。1年程度のパフォーマンスで一喜一憂するべきでもありません。



長期投資ランキング

■11月末時点パフォーマンス 
税引き前 年初来+61.8% 
(下記グラフは残高ベースの簡便法 年初来+52.5%)  

201711

■コメント
体感的に、先月はあきらかな大型株相場でしたが、、今月は小型株に投資資金が流れてきたイメージがします。
長期投資では、本来的には1ヶ月単位のパフォーマンスは割とかなりどうでもいいのですが、プラスな分には悪い気はしません笑

書くこともないので、一応、持ってるところで好調だった銘柄、現時点での保有理由とともに。
買った当初は全て割安でしたが、フェアバリューを超えてるものもあります。

・丸井グループ(割安、決済・フィンテック安定高成長)
・アビスト(自動車開発競争需要、安定高成長)
・GMOインターネット(割安、GMOPGというバケモノ連結子会社持ち)
・ビューティガレージ(美容業界版モノタロウの可能性)

今月、買い、打診買い、買い増しできる、できたくらい割安だった銘柄。

・両毛システムズ
・アルプス物流
・アプライド
・ゲームカードジョイコ
・ムロコーポレーション
・コナカ
・はるやま



長期投資ランキング

↑このページのトップヘ